西太子堂|世田谷見聞録

 管理人が自ら探訪した西太子堂|世田谷見聞録を紹介します

 西太子堂駅について


西太子堂

○ 駅名の由来:町名「太子堂」から 
● 観光スポット:太子堂八幡神社、烏山川緑道

お薦めスポット

烏山川緑道 

西太子堂駅の北側を世田谷線にほぼ沿って走る緑道は暗渠となった烏山川です。烏山川は烏山付近の湧水を水源として、久我山付近で玉川上水から分岐する烏山用水と合流し、世田谷区内を縦断、池尻で北沢川と合流して目黒川となるまでの名前で、世田谷線の宮の坂駅付近を横切り、そのまま世田谷線の北側にほぼ平行して流れています。ほぼ全区間が暗渠となっており、世田谷区内は緑道として整備されています。
『がんばれぼくらの世田谷線』さんより 
■世田谷の川についてのHPはこちら
 →世田谷の川の探検隊

太子堂八幡神社

御祭神:応神天皇[誉田別命]、例祭日:10月第2日曜
御由緒:平安後期、源氏が陸奥安部氏征討の折、武運を祈願したと言われ、それ以前に創建されたものと思われる。江戸期には、天領・大名領・旗本領に細分化されていた太子堂村は、八幡様の祭礼を以って心を一つにしたと言われ、その心は今日にも受継れている。(世田谷区)
西太子堂駅前の道を北に進むと太子堂八幡神社の鳥居が見えてきます。
太子堂八幡神社の創建時期は不明ですが、平安時代後期に源氏が陸奥安部氏を討伐する際に立ち寄ったとされ、それ以前からこの地にあったものと思われます。
例年10月の第2日曜日付近に行われる大祭は、太子堂八幡神社から茶沢通りまでびっしりと露天が並び、茶沢通りも歩行者天国になって神輿が繰り出し、三軒茶屋付近では一番大きな大祭となっています。
『がんばれぼくらの世田谷線』さんより

曼珠沙華:西太子堂から三軒茶屋

西太子堂駅から右手の線路沿いの道を三軒茶屋の方向に進むと右手に曼珠沙華の花壇が見えてきます。10mの花壇は満開でした。2005年09月25日