せたがや百景

 管理人が自ら体験したせたがや百景を紹介します

 せたがや百景

■せたがや百景は昭和59年に区民によって選ばれました。
説明文および写真の一部をは世田谷区政策企画課都市デザインより流用させていただきました。

1.世田谷公園
世田谷公園
中央広場の噴水を挟んで北側がスポーツ施設、南側の公園ではプレイパークが開かれている。園内の小高い丘には区政50周年(昭和57年)を記念して、子供達から50年後の子供達へのメッセージなどを入れたカプセルが埋められている。ミニSLは土・日や祝日学校の休みに合せて走り人気を集めている。
池尻1−5

2.大山道と池尻稲荷
大山道と池尻稲荷
大山道の面影を訪ねることができる。街道沿いにあった池尻稲荷には「枯れずの井戸」がいまもこんこんと湧いている江戸市中を発った旅人は道筋ここまで飲み水がなくこの井戸で喉を潤したという。
池尻2−34−15付近
3.世田谷観音とその一帯
世田谷観音とその一帯
昭和新選江戸三十三観音札所のうちの三十二番札所戦後建立の寺で区内で最も新しい、京都の六角堂を模した不動堂には、運慶の孫、康円の作といわれる国の重要文化財の不動明王と八大童子が納められている。また、太平洋戦争で散った特攻隊員を祀った特攻観音堂がある。
下馬4−9−4付近
4.世田谷線(玉電)が走る.世田谷線(玉電)が走る 東急世田谷線は三軒茶屋と下高井戸を結んでいる。住宅街を縫って走る沿線にはのんびりとした風情がただよい百景に選ばれた所も多い玉電と呼ばれ多くの区民から愛されています。
5.太子堂下ノ谷界わい
太子堂下ノ谷界わい
茶沢通りの中ほどから入ったところに下ノ谷商店街がある下町情緒の懐かしい雰囲気の店が並んでいる第一・第三日曜日の朝9時から10時まで朝市が立ち、賑わうまちと人々がつくりだす原風景とでもいったものがみられる一帯だ。
太子堂2丁目・3丁目
6.太子堂圓泉寺とケヤキ並木
太子堂圓泉寺とケヤキ並木
聖徳太子を祀った太子堂の由来から地名が生れたという。明治4年境内に「郷学所」が設けられ、世田谷の教育発祥の地となった所エノキの大木の並木は農村だった区内随所に見られた屋敷林の名残ともいえる。秋の境内は紅葉したエノキやイチョウの落葉で黄色のカーペットが敷かれる。
太子堂3−30−3
7.北沢川緑道桜並木
と代沢の桜祭り

北沢川緑道桜並木
代沢地区の北沢川緑道の両側には、桜並木が続いている。満開になると花のトンネルになり、花見の宴が繰り広げられる。地主主催の桜祭りには甘酒の無料接待やパレードなども行われる。
8.代沢の住宅街
代沢の住宅街
関東大震災後の区画整理で誕生した世田谷の代表的な住宅街。戦前から高官や著名人が居を構えた。坂が織りなす地形の表情が変化に富み、散歩には好適。生け垣に四季の移ろいを楽しむことができる
9.代沢阿川家の門
代沢阿川家の門
江戸時代この一帯の名主だった阿川家の門は美しい紅殻色に塗られている。屋敷林の緑、そして紅葉の時、門の色に照り映えて見事である。門越しにのぞく母屋も昔の名主屋敷の遺構を残し、代沢のまちの歴史をとどめた静かな一角だ。
10.北沢八幡の秋祭り
北沢八幡の秋祭り
世田谷北辺の守護神として、吉良家によって勧請された。世田谷七沢八社随一、正八幡と称され、人々の尊崇を集めてきた。秋の例大祭には30台もの神輿が出て、境内一帯は人々で賑わう。特に神輿が境内に繰り込む時は圧巻で、まるで絵巻物を見るようだ。
11.淡島の灸の森巖寺
淡島の灸の森巖寺
江戸時代の始め、徳川家康の次男・結城秀康公の位牌所として建立された。建物には三葉葵の紋所が見られる。また、境内には樹齢400年のイチョウが一対とお灸と2月8日の針供養で知られる淡島神社がある。森巌寺や北沢八幡、阿川家の屋敷林のあるこのあたりは緑深い木々に包まれている
代沢3−27−1
12.若者と下北沢のまち
若者と下北沢のまち
本多劇場、ロングラン・シアター、ザ・スズナリなどの劇場があり、演劇の新しいメッカとなっている。まちにはたくさんの若者が訪れ、ユニークな店も目立っている。探れば探るほど、多くの顔を見つけることのできるまちといえるだろう。
13.下北沢北口の市場
下北沢北口の市場
暮らしに密着した食品や衣料などが所狭しと並び、活気に満ちている。通路が買い物客で身動きもとれぬほど賑わう。戦後間もないころのことがふと思い出される。買い物客が引け、店が閉まった後の風情も捨てがたい。暮らしのエネルギーが残してきた風景といえよう。
14.天狗まつりと真竜寺
天狗まつりと真竜寺
小田原大雄山最乗寺の分院真竜寺は昭和4年に下北沢に建てられた。小さな石段を上がって境内に入ると、大きな天狗の面が目につく。節分の日の天狗まつりには、天狗の面と大天狗、小天狗、裃姿の年男などが豆をまきながら商売繁盛、家内安全を祈り、商店街を練り歩く。
15.下北沢の阿波踊り
下北沢の阿波踊り
8月、地元の諸連が総出で踊りまくる。下北沢のまちには阿波踊りが不思議なぐらいよく似合う。今では、下北沢の夏には欠くことが出来ない一大イベントとなっている。工夫を凝らしたそれぞれの踊りを見ていると、いつまでも飽きない。
16.羽根木神社の参道
羽根木神社の参道
都水道局和田掘給水場近くに羽根木神社の小さなお社がある今は住宅が建てこんで農村だったころの面影はほとんどないが、社まで続いた参道のケヤキ並木が地元住民の運動によって一部残されている。風景変遷の物言わぬ証人だ
羽根木2−8
17.梅と桜の羽根木公園
梅と桜の羽根木公園
梅ヶ丘駅北口の小高い丘が区立公園になっている以前は六郎治山とか根津山と呼ばれていた。梅林には梅の木が約650本植えられ2月下旬紅梅白梅の咲きそろう頃には多くの人々が訪れる、また春には桜の名所でもある。子供達自身が遊びを工夫し自由気ままに遊べるプレイパークも設けられている
代田4−38
18.松陰神社と若林公園
松陰神社と若林公園
安政の大獄で刑死した吉田松陰は南千住回向院に葬られた後門下であった高杉晋作らの手によって若林寺の毛利家抱屋敷内に移されたが明治になってここに社殿が建てられ松陰神社となった。社殿の左手奥に松陰と志を同じくした人々の墓がある。隣接の若林公園の木立は盛夏涼しい木陰を作り人々の憩いの場となっている。
若林4−34、35
19.上馬の駒留八幡神社
上馬の駒留八幡神社
鎌倉時代後期、このあたりの地頭だった北条左近太郎入道成願は八幡宮の勧請を近い乗った馬の留まったところに社殿を造ろうとした。これが現在の地で馬が留まったところから駒留と名付けられたと言われる。戦国時代には吉良氏との縁も深く常盤と死産した吉良頼康の子が祀られている。
上馬5−35−3
20.さぎ草ゆかりの常盤塚
さぎ草ゆかりの常盤塚
世田谷城主吉良頼康の側近常盤の悲しい物語にまつわる塚が、上馬のまちの家と家との間にひっそりとある。常盤の放った白鷺があわれ頼康の鷹狩りの手にかかりその骸を葬った地には一面のさぎ草が咲いたという。現代のまちなかに伝説を甦らせる一隅の小風景だ。
上馬5−30−19
21.招き猫の豪徳寺
招き猫の豪徳寺
招き猫の豪徳寺井伊家の菩提寺。幕末の大老井伊直弼の墓もここにある。区内有数の名刹で広い境内には江戸幕府のころ「オイデオイデ」の手招きで井伊直孝を危険から救ったという招き猫の伝説の招福道や鐘楼、本堂が建っている。福を呼ぶ招き猫が門前の店で売られている。
豪徳寺2−24−7
22.世田谷城址公園 初代吉良氏が南北朝のころ関東管領足利基氏から戦の手柄により武蔵野世田谷領をもらいうけて、築城したのが始まりといわれる。平城で、三方を塀で囲んだ防備の堅固な城であったが現在はわずかに小高い台地の中に枯山水風の谷や小川があり、緑の茂る公園となっている。
豪徳寺2−14
23.ボロ市と代官屋敷
ボロ市通りには毎年12月と1月の中旬(15,16)にボロ市が立つ。北条氏の楽市に起源を持つこのボロ市は四百年の伝統を持ち今も賑わいを見せている。通りの中ほどには茅葺の武家屋敷門の代官屋敷がある。これは江戸時代の中頃初代の代官に任ぜられて以来代官を勤めた大場家の屋敷が残されたものだ。屋敷内には世田谷区立郷土資料館もある。
世田谷1−29−18付近
24.蛇崩川緑道
下馬から三軒茶屋・上馬・弦巻まで全長3キロにわたって続く。蛇崩川に蓋をして作った遊歩道で地下には現在下水道の幹線が通っている。サクラ、フジ、サツキ、アジサイクチナシなどが季節季節に花咲き道行く人を楽しませる。
25.駒沢給水所の給水塔
大正末期に出来たこの給水塔の姿は付近の人々に長い間親しまれてきた。木造の平屋や二階建ての家々ばかりだったころは現在よりもさらに目立っていたことだろう。ランドマーク(土地の目印)として一対の給水塔は今も健在だ。
弦巻2−41−5
26.弦巻實相院界わい
吉良家開墓の寺院で正式には鶴松山實相院。禅寺にふさわしく境内には木々がうっそうと茂り森閑としている。まちなかの寺とは思えない風情があり、鳥の声に耳を澄ましたくなる。代官屋敷のちょうど裏手あたりになるがこの辺は江戸時代の世田谷の中心だったところだ。
弦巻3−29−6付近
27.宮ノ坂勝光院と竹林
世田谷城主吉良家の菩提寺。江戸期には家康から御朱印寺領30石を与えられた格式の高い寺で境内には風格のある庭木も見られる。特に美しいのは竹林で竹垣とあいまって品のよい雰囲気をかもし出している。鐘楼の梵鐘は戦争中応召されたが鋳つぶされず10年程前に元の姿で無事帰ってきた。
桜1−26−35
28.収穫祭と東京農大
農業大学にふさわしく、緑の多い構内に校舎が建っている。正門を入ってすぐ化石植物メタセコイアの小さな林がある。またイチョウは、東京管区気象台から委託を受けた生物季節観測標本で、東京の紅葉時の目安となっている。秋の収穫祭には学生、教師、住民ともに実りの喜びを祝う。
29.経堂の阿波踊りと万燈みこし
ハイライトは万燈神輿(まんとうみこし)。夜のまちに神輿の胴の武者絵が浮かび上がり、提灯(ちょうちん)の灯が揺らぐ。これを、かつぐために、威勢のよい若者が関東近県から500人も集まるという。阿波踊り参加者も毎年増えている。
30.奉納相撲の世田谷八幡
石の鳥居をくぐると右手に弁天池がある。その少し上手に土俵が設けられ観客席がちょうど円形劇場のように広がっている。奉納相撲で知られるこの八幡は吉良頼康の創建と伝えられる。江戸時代には「江戸三大相撲」の一つといわれるほど有名になり現在も秋季大祭の9月15日には学生や若者の奉納相撲が行われる
宮坂1−26−3
31.北沢川緑道ユリの木公園
北沢川緑道でもこのあたりは都会的な趣きのある遊歩道だ。レンガタイルを敷き、芝生を植えユリノキが並び、スツールが置かれて園のような緑道となっている。近所の人々のゆきとどいた手入れで、いっそう心地よい憩いの空間となっている。
宮坂2丁目
32.松原のミニいちょう並木
松原の住宅街のなかにかわいらしいイチョウ並木がある。戦前、別荘の敷地の中に植えられていたものが戦後の住宅地化の中で生き残って今の姿になった。まちの小さな一角に季節の訪れを告げ、付近の人々から親しまれている。また戦災から焼け残った昭和初期のモダンな住宅が見られるのも楽しい。
松原6−22、23
33.松原の菅原神社
境内に朱塗りの社殿が目立つ。江戸時代、石井兵助という人が寺子屋を開き、学問の神様である菅原道真公を祀ったのが始まりだろうと伝えられる今も学業祈願、合格祈願の絵馬札がたくさん下がっている。
松原3−20−17
34.下高井戸の阿波踊り
「おどらにゃ、そんそん.....」町会・商店会を中心に始めた下高井戸の阿波踊りは年々規模が大きくなってきた。本家に負けない熱気と興奮がまちを包む。
35.日大文理学部の桜
新学年には満開の桜は欠かせない風物詩日大文理学部には立派な桜のアーケードがあり勉学に意欲を新たにする学生たちを迎えてくれる青春時代の学び舎の忘れがたい風景として記憶されている
桜上水3−25
36.上北沢の桜並木
住宅街の道の両側に桜並木が続いている桜は毎年欠かさずこのまちに訪れる春を確かめてきた地図の上で見ると中央の通りからちょうど肋骨のように規則正しく斜めに枝道が延びているこの道が肋骨通りと呼ばれる由縁だ区画整理された際に桜の木が植えられたことがわかる
上北沢3丁目
37.船橋の希望丘公園
ガスタンク群や清掃工場団地の三つの大きな建築物が空を圧している中に、公園がある。小高い丘に木が植えられ芝生がきれいだ。園内には水が巧みに設計して取り入れられており水の流れる広場は周囲の風景に清涼感を与えている。
船橋7−9
38.廻沢のガスタンク
巨大な球形のガスタンクもいつの間にか、まちの風景の中に溶け込んでいく。朝日を浴び夕日に照らされ、雨に霞んで一冴の風情さえ帯びてくる。都市風景の中で一際目立つランドマークだ。
粕谷1−7−8
39.芦花公園と粕谷八幡一帯
芦花恒春園は、文豪徳冨蘆花が明治40年から昭和2年の死去までの20年を、愛子夫人とともに過ごしたところで園内には蘆花記念館と当時のままの書院、母屋が残されている。裏手には、児童公園や散策によい公園が続いている。近くの粕谷八幡には蘆花ゆかりの「別れの杉」二代目が植えられている。このあたりは緑の深い趣きのあるところだ。
粕谷1丁目
40.粕谷の竹林
世田谷からは竹林も姿を消しつつあるが粕谷あたりには、はっとするほど見事な竹林がまだまだ残っている。風が渡るときなどは本当に素晴らしい。春、垣ごしに頭を出している竹の子を見つけるのも楽しい残して欲しい風景だ。
粕谷2−11
41.烏山西沢つつじ園
4月から5月の初め満開時の西沢つつじ園は色彩の乱舞する華やかさでおおわれるツツジ、サツキの品種も多く愛好家はもちろん多くの人々が訪れる入口付近の年を経たカラタチの大木も珍しい。園内では苗木の販売も行われ、遠くから買い求めに来る客もあると聞く。
北烏山6−16−10
42.烏山寺町
東京の小京都といわれるこの一帯は寺院が連なり、静かで緑濃いただずまいとなっている。関東大震災後、被害にあった都心の寺院が移転して寺町はできた。景観を守るために、地域の住民の手で自主的に環境が保持されていることにも注目したい。一日ゆっくり寺々を訪れれば、それぞれ見所の多いところでもある
43.烏山の鴨池
寺町の北の外れにある高源院の鴨池には、秋も深まると沢山の鴨が飛んでくる。コガモ、カルガモ、マガモなどが浮御堂を映した水面を泳ぐ。夏には睡蓮などが咲き乱れ、赤い欄干にもたれていつまでも見飽きない。湧き水の涸れることのないこの池は、地域住民の環境協定で守られている。
44.北烏山の田園風景
都会の緑の保全に都市農業が役立っていることが見直されている。田園風景などとっくに世田谷から消えたと思っている人も多いが、この一帯には生産緑地としての畑が残っている。田園風景の広がっていた世田谷の昔日が思い出される。
45.旧甲州街道の道筋
南烏山から給田へと続く道はかつての甲州街道。昔の街道筋を偲ばせる風景はほとんど残っていないが、実はこの道筋そのものが街道だったことを忘れるわけにはいかない。道の由来を知れば、その時代、時代の道筋の風景を脳裏に浮かべることも出来る。
46.給田小学校の民俗館
給田小学校の一角にワラ葺きのままの農家が保存されている。農具などの農村生活に深い関わりがあった道具類も併せて保存され、小さな民俗館となっている。農村だったころを思い出させる、児童にとって得がたい郷土教育の教材でもある
47.祖師谷つりがね池
雨乞いのため僧が釣鐘を抱えて身を沈めたところからその名がついたと伝えられている。現在は付近の子供達の絶好の遊び場だ。池の周辺には緑も残り雨が降った後には池底から水が湧き出すのを見ることもできる。小さな風景だがなんともいえない親しみがある。
祖師谷5−33
48.上祖師谷の六郷田無道
狭いうえに交通量も多く、古い道とは想像もできない。しかし、道筋に寺や社を見つけるとかつてののんびりとした往来が目に浮かんでくる。地形に素直に合っている古い道は何故か人の匂いある。
上祖師谷1、2丁目付近
49.武家屋敷の安穏寺
寛永年間(1624〜44)に建てられたといわれるが、一時荒れはてていたため詳しいことは不明。古い墓石には名字を持つものが多く謎が深まる。車の往来の激しい坂道に沿って山門や白壁の塀が黙然と存在している。
上祖師谷2−3−6
50.上祖師谷神明社
浅葱色をいた社殿は昭和41年に建てられたもの江戸時代から上祖師谷の鎮守だったと思われる神明社の脇を通る道は昔「滝坂道」と言われた街道で現在も交通量は多い時代の激しい移り変わりをじっと見つめてきたお社といえる。
上祖師谷4−19−24
51.成城学園前のいちょう並木
桜のないまちの春はなにか物足りない。満開のときなど、まちに一斉に春が訪れた事を告げてくれる。花見の宴のにぎわいはないが、路上や家々の屋根に降る花びらは、閑静なこのまちに春の風流心を呼び起こす。
52.成城の桜並木
桜のないまちの春はなにか物足りない満開のときなどまちに一斉に春が訪れた事を告げてくれる花見の宴のにぎわいはないが、路上や家々の屋根に降る花びらは閑静なこのまちに春の風流心を呼び起こす。
成城6・7丁目
53.成城学園の池
成城学園とともに、成城のまちは発展してきた。大学構内にある池のほとりは若い学生達の憩いの場になっている。戦前から自由な教育で知られる成城学園の学生達はやはり成城のまちの雰囲気に似合っているところがあるようだ。学園裏手の仙川沿いに延びる小道をたどればいまは少なくなった川沿いの景観を楽しむ小散策ができる。
成城6−1
54.成城住宅街の生け垣
成城のまちを歩くと手入れのよく行き届いた生垣を見る事ができ住民がまちを大切にしてきた歴史がよくわかる家々に住む人々の個性や趣味がそれぞれ感じられて興味が尽きない
成城各所
55.成城の富士見橋と不動橋
切り通しを抜けて小田急線が走る。二つの橋はこの小田急線に架かっているよく晴れた日は、崖線を越えて丹沢の山々や遠く富士山を望むこともできる。夕日の沈むころには懐かしい哀感のただよう陸橋の風景が浮かび上がる。
成城2〜5丁目
56.成城3丁目桜ともみじの並木
春の桜のころや新緑の5月ももちろん美しいが、秋の紅葉のトンネルも素晴らしい落葉を踏みしだいて歩く趣のある散策路だ。この小風景を愛する住民も多い車の入らないこうした小道はまちなかに奥行きをつけてくれる貴重な空間だ。
成城3−10−33付近
57.成城3・4丁目の崖線
崖線に沿って緑が豊かに残されている。低地に下る坂は両側の深い緑で隈取られ大地との間に陰影をかたちづくる。まちに変化に富んだ散歩道があることは素晴らしいことだ
成城3〜4丁目
58.野川と小田急ロマンスカー
崖線を抜けた小田急線はまず野川を渡る川辺の緑と一瞬のコントラストを作り走り抜けるロマンスカーは私鉄沿線ならではの風物詩
*残念ながら小田急線の複々線化にともない昔の風景は望めない・・便利になる一方で大切なものが失われていく
59.喜多見氷川神社と寿善寺跡
一千年以上も前の創建と伝えられている。境内は保存樹林地となっており、昼なお暗いほどうっそうとし、野鳥も多い。長い参道をたどって社殿に至るが、村の鎮守の社の姿そのままだ。ここに伝わる里神楽は区内の貴重な民俗芸能の一つとなっている
喜多見4−26−1
60.喜多見慶元寺界わい
江戸氏の祖を弔って建立されたといわれる。江戸氏は皇居のあたりに居を構えていたが家康が江戸築城のおりこの地に退き姓も喜多見と変えた江戸氏追善の塔がある広い寺域に沿う小道は奥多摩から多摩川を下った筏師が歩いて帰ったという「いかだ道」で、ところどころにのどかな郊外の風景を見ることができる
喜多見4−17−1
61.宇奈根氷川神社
農村風景をそこかしこにとどめる宇奈根。氷川神社の境内には子ども達の遊ぶ姿を見かけることも多い。村の鎮守様は健在だ。都市化の波でつぎつぎに失われていった村の鎮守の原像を見る思いがする。秋祭りには地区の人総出で大いに賑わう。
62.砧荘学校の桜
小学校の校庭に咲く桜は誰にとっても懐かしい思い出があるものだ。砧小学校の桜の老木は地区の子ども達の入学と卒業を何十年にもわたって見守りつづけてきた。
63.大蔵団地と桜
今を盛りと咲き誇る桜いちばん盛んな樹齢に達した桜が団地と世田谷通りを飾るシックな団地の壁面と見事なコントラストを作りあげる住民の皆さんご自慢の春の眺め
大蔵3丁目
64.大蔵の五尺藤
大蔵の和田さん宅にある藤は、その名どおり房の長さは1メートルを超え、房の数は6千以上にもなる。5月の初旬、紫の花が満開になるころは見物に訪れる人も多く、まちの名所の一つになっている
65.大蔵の総合運動場
都立砧公園と道を挟んで作られた運動公園で門を入ると正面に近代的な体育館と噴水が目に入る他に野球場、陸上競技場テニスコート、洋弓場プールなどのスポーツ施設が完備され、さわやかな汗を流すスポーツ・ゾーンとなっているフィールド・アスレチックコースは子ども達に人気が高い。
大蔵4−6
66.砧ファミリーパーク
日比谷公園の約2倍の園内には一面緑の芝生が敷きつめられているゆるやかな起伏と木々が公園の景観にほどよい変化を与えている家族連れやグループでのんびり一日楽しむには絶好の場所で遠近各地から訪れる人々が多い園内にオープンした区立世田谷美術館も人気を呼んでいる
砧公園
67.東名高速の橋
大蔵総合運動場と砧公園の脇を東名高速が走っている高速道路をまたぐ公園橋から見た失踪する自動車群は圧巻だ夕闇が訪れればヘッドライトの光の奔流が走る。日夜鼓動する日本の大動脈の一端を見る思いがする
総合運動場の脇
68.大蔵の永安寺
山門を入ると樹齢数百年といわれる大イチョウがある。永安寺は室町時代鎌倉の大蔵谷に建てられたものが、地形も地名も似たここに再建されたと伝えられている。本堂右側には江戸幕府のころ書物奉行を務めていた石井一族の墓がある。六代目兼重(かねしげ)は、世田谷地域での図書館の始まりとなった「玉川文庫」を創ったので知られている。
69.岡本玉川幼稚園と水神橋
玉川幼稚園の建物は二・二六事件で暗殺された蔵相高橋是清の別邸だったもので、山荘風の構えがよく幼稚園にマッチしている。風光明眉な国分寺崖線には戦前多くの高官や財界人の別荘別邸が建てられ、現在の良好な住宅地に引き継がれてきた。水神橋あたりには当時別荘から眺められた田園風景の面影がそこはかとなく残っている。
70.岡本三丁目の坂道
国分寺崖線には多摩川沿いに下る坂道が何本も通っている。岡本三丁目の坂道はなかでも勾配が強く、急な坂をたどるとき国分寺崖線の斜面を実感する。坂上からは丹沢の山々も眺望できる。
71.岡本もみじが丘
綾錦のような紅葉に松の緑を点々と散りばめた秋景は息を呑むようで、多摩川八景(行善寺八景)の一つ「岡本紅葉」とうたわれた。今、開発の手から守ろうとする地元の熱意は強い。
72.岡本民家園とその一帯
瀬田から移築復元された茅葺きの古民家を中心に、農家のありさまが再現されている。鶏の遊ぶ庭先、野菜や草花の植えられた畑など当時そのままの姿を見ることができる。民家園の隣には岡本の鎮守様八幡神社が深い木立ちのなかに鎮まっている。また民家園のある岡本公園の一角ではホタルを養殖しているが、これは崖線から湧き出る清冽な水が利用できるからだ。夏の夕辺にはホタルの飛びかう姿を見に多くの人が岡本公園を訪れる。
73.岡本静嘉堂文庫
門を入るとイチョウや杉など木々の間を縫って、ゆるい坂道がつづく。モダンな造りの静嘉堂には旧三菱財閥の岩崎弥之助、小弥太父子によって収集された和漢の典籍が保存され、時おり展示もされる。斜面に造られた庭園は武蔵野のたたずまいを残し、静嘉堂一帯は深い緑に包まれている。
74.多摩川灯ろう流し
お盆の灯ろう流しは夏の水辺の代表的な風物詩。多摩川の灯ろう流しは川筋をきれいにという市民運動から生まれた。夜の闇に流れていく灯ろうの明かりが郷愁をさそう。
75.多摩川の緑と水
世田谷区の南の区境に沿って流れる多摩川は区内に残された最大の自然の景観といえる水量こそ減ったが、周辺に残された緑また河川敷の広々とした空間は大変重要なものだ清流復活の願いも徐々に実り野鳥や魚影を以前より多く観察することもできるようになった。
多摩川
76.新二子橋からの眺め
多摩川を真中に左右に世田谷、川崎のまちの眺望がひらけさらに上流の光景も目に入ってくるふだん住みなれたまちなかでは感じられないもう一つのまちの姿だこのパノラマ風景を見ていると、河川や地形がまちの形成に深く関わっていることが納得できる。
77.兵庫島
昔、新田義興(よしおき)が謀られて最期を遂げたとき、同じ船に乗っていた家臣、由良兵庫助の屍が流れ着いたことから、兵庫島といわれるようになった。この小島からずっと河川敷がつづき、野球場、サッカー場、テニスコート、ピクニック広場などのある二子玉川緑地運動場になっている。水辺に広がるスポーツ、レクリエーションゾーンとして多くの区民に利用されている
78.多摩川沿いの松林
黒松の林は多摩川の堤に伸びる代表的な風景だったが、今はもうこのあたりを残すのみとなった。川風に吹かれる松籟が風流人たちを川辺に誘い、川魚の料亭が軒を連ねていたという。現在も料亭が一軒残っており、松林とともに当時の面影をとどめる。
79.多摩川土手の桜
東京で最も早く咲く桜として知られる。ありあまる春の光を全身に浴びるからだろうか風に散る満開の桜が川辺に広がるたんぽぽのじゅうたんと一緒に多摩川堤ののどかな春の風景をかたちづくる
玉川1丁目〜野毛3丁目 玉堤通り沿い
80.はなみずき並木の二子玉川界わい
まちのシンボルとなっている並木道地元の熱意がつくりだした景観だ桜の花の終わるころはなみずきの赤い花が咲き始める五月に花みず木フェスティバルも行われ、まちに初夏の到来を告げる
玉川3丁目玉川通り周辺
81.瀬田の行善寺と行善寺坂
急勾配の行善寺坂を登りきったところに行善寺がある昔、寺の境内からは多摩川の眺望が開け、行善寺八景とうたわれた行善寺坂はもと大山道の一部だった道でこの街道は八十八坂七曲りといわれるほど起伏の多い地形を通っていた
瀬田1−12−23
82.環八アメリカ村
アーリーアメリカンスタイルの白い建物のレストラン群や住宅展示場が立ち並んでいる一角誰いうともなくアメリカ村と呼ばれている。車社会に忽然と出現した都市の新しい名所だ週末には湘南海岸へ行く若いサーファーや家族連れで賑わう
東名高速入口付近
83.玉川台自然観察の森
環八沿いのビルの裏手にこんもりと緑の盛り上がった森がある。ここは密生した植物とともに昆虫や小鳥が共生している自然空間となっている過密な都市の中に生きているこうした自然のスペースを大切にしたいものだ
玉川台2−30
84.用賀観音の無量寺
境内に一際高く大イチョウが茂る用賀観音と呼ばれるのは十一面観音像で、品川の浜で漁師の網にかかったのがここに祀られるようになったというかつては観音講が組織され賑わったが、今は静かな境内だ。昼下がり近くの小学校のチャイムがのどかに響く
用賀4−20−1
85.馬事公苑界わい
東京オリンピックの馬術競技の会場になったことで有名背の高いケヤキ並木をくぐって入る苑内は広大で多くの樹木や草花が季節をいろどる。雑木林を散策するとかつての武蔵野の姿が思い浮かぶケヤキ並木の道は広場として整備され、また一つ魅力を加えた
上用賀2−1
86.サマー世田谷ふるさと区民まつり
夏の緑を背に真っ赤なカンナの花が咲く8月上旬馬事公苑を舞台に「ふるさと区民まつり」が開かれる。郷土芸能、ミニSL、おみこし盆踊りや阿波踊りに馬の曲芸や試乗も加わり、大変な人気を呼ぶ。植木市や数え切れないほどの出店もたち並んで世田谷の一大夏の風物詩となった
87.駒沢緑泉公園
人工芝と噴水と緑の公園、樹林園には落葉樹常緑樹、潅木などが植えられた丘や川が続く素足の子ども達が小川の流れに入って遊び幼い子は人工芝の上をのびのびとかけまわる都市生活に欠かせないものとして公園空間はある
駒沢3−19
88.駒沢オリンピック公園
東京オリンピックの第二会場として整備され、オリンピック終了後は都の総合運動場となっている緑に囲まれた公園で、中央広場には五重塔を幾重にも重ねたような記念塔がそびえ、その周りに屋内体育館、陸上競技場がある多くのスポーツ施設が整い緑に包まれた休養地や児童遊園もある家族そろって楽しめる憩いの場だ
   駒沢公園  
89.桜並木の呑川と緑道
呑川の下水道化のために川の上をふさぎ緑道化したが駒沢通りから上流はまだ川の流れが見える川の流れに沿って桜並木があり玉川通りまで続いている遊歩道になった神明橋から下山橋にも桜並木が見られるがこれは川の土手の両側に植えられた桜がそのまま残ったもの川の土手沿いの桜はかつて世田谷の春の風物詩だったが今は区内各所で緑道沿いの桜と変わって世田谷に春の訪れ告げる
深沢1〜8丁目
90.谷沢川桜と柳の堤
川沿いの桜が途切れると柳が続く悲劇の伝説をもった「姫の滝」もあり下流は等々力渓谷へと達する地元の人たちのいき届いた手入れが光るまちなかのコミュニティ景観だ
用賀1丁目〜中町5丁目
91.上野毛五島美術館
実業家として知られる故五島慶太氏が50年間にわたり収集した古美術品が収蔵展示されている。美術館の建物美しい和風建築で、崖線の斜面に広がる自然のままの庭園に野仏を配している。美術鑑賞のあとの散策に四季それぞれの趣を見つけることが出来る。   
92.上野毛自然公園 崖線の斜面を利用した公園で、木々の間を縫うように階段が上へ伸びている。斜面を覆う深い緑は野趣に富んでおり、台地から多摩川沿いの低地にかけてできた崖の植物相を観察できる。階段を登りきると桜の林が広がっている。 
93.玉川野毛町公園
公園内に直径66メートル、高さ9メートルの野毛大塚古墳がある。小高い丘とも見えるこの円墳は現在都の史跡に指定されている。プール、野球場、テニスコート、遊び場などが設けられ、スポーツと憩いの場となっている公園だ。    
94.野毛の善養寺と六所神社
善養寺の境内には、都の天然記念物に指定されている高さ22.6メートル、幹回り5.25メートル、樹齢600年を越えるカヤの巨木が株を広げている。雌株で1年おきに実を結び、実のたわわな枝を手にとれる。巨木そのものが風景になっていると言ってよい。六所神社では夏の大祭に、みこしをかつぎ入れ、水神祭りを繰り広げる。   
95.等々力渓谷と等々力不動
境内からは、児童公園等に植えられた200本もの桜が見下ろせる本堂横の石段を降りていくと途中に小さな祠があり役の業者が祀られている石段の上には、不動の滝が落ちており、等々力の地名はこの滝の音の轟くところから起こったとも言われるこんもりと木々の茂るこのあたりは等々力渓谷と呼ばれ都内とは思えぬ自然の景観を持っている
等々力1−21−39
96.等々力の満願寺
吉良氏によって創建された等々力不動はこの寺の別院である境内の建物は新しいが整った荘厳さを持っており身がひきしまる。柳沢吉保に仕えた学者細井広沢の墓があり国の史跡に指定されている
等々力3−15−1
97.等々力の玉川神社とその周辺
吉良頼康の創建と伝えられ玉川村の鎮守として付近の人々に親しまれてきた境内には昭和初期に着手された耕地整理の記念碑とその功労者の碑が建てられている玉川地区の現在のような整然とした道路と宅地ができあがったのはこの耕地整理事業による昭和19年に整地工事は完成した
等々力3−27−7付近
98.お面かぶりの九品仏と参道
九品仏浄真寺といわれるのは、阿弥陀仏如来像を三体ずつ三つのお堂に納めた三仏堂からきている三年ごとの「お面かぶり」は都の郷土芸能に区内唯一指定されている長い参道の向こうに見える茅造り総門常盤伝説に由来するさぎ草園など見所が多い。奥沢城址に建てられた寺で寺域に土塁が残っている
奥沢7−41−3
99.田園調布のいちょう並木
田園調布駅に至るイチョウ並木はがっしりとたくましく、繁雑なバスの往来をものともしない。戦前の田園調布開発に際して植えられたものが成長した並木だが、良好な住宅地を形成するためには長期的な計画が欠かせないことの一つの証左になっている。 
100.奥沢駅前の広場
目蒲線奥沢駅は区内でもっとも整備された駅前広場を持つ。緑と噴水は乗降客を慰めるばかりではなく、まちの人々の憩いの場ともなる。区内には多数の私鉄駅があるが、駅前はそのまちの玄関、ゆとりをつくる工夫がほしい。